採用情報 / 先輩社員の声 Opportunities

インタビュー&メッセージ

第一線で働いている先輩社員の
生の声をご紹介します。

  • 荒井 東

    HIGASHI ARAI

    建築本部 建築工事第1部(2013年入社)
    工学部 建築学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    土木の現場監督だった父親の影響もあって、子供の頃から、ものづくりや工事現場に興味や関心がありました。
    そして高校、大学で建築を学ぶ中で施工管理の仕事を知り、興味をひかれていきました。
    私が京王建設を選んだ理由は大きく2つありました。1つは京王グループの一員ということに安定性を感じたこと。 もう1つは地域密着型の事業に重点を置いていたこと。この2点が私の希望にぴったりだったため入社を決めました。

    印象に残っている事

    私は高校から大学まで、ずっと建築を勉強してきましたが、学校で学んだことがそのまま現場で役立つわけではありませんでした。
    実際に現場を経験しながら、上司や先輩、職人さんたちに教わって、身体で仕事を覚える側面の方が、むしろ大きい世界だと思います。
    実際に、道具や資材の名前など、わからないことはその度に、職人さんにたずねて教えてもらってきました。
    入社前は職人さんと言えば怖そうというイメージを持っていました。
    そんな人たちの間に入って、自分は本当に仕事ができるのだろうかと不安な気持ちもありました。
    ですが、実際に職人さんたちとつき合ってみると、気さくで親切な人が多く、最初の不安は払拭されました。

    仕事のやりがい

    竣工した際にはやはり仕事の醍醐味を強く感じます。足場がすべて解体され、できあがった建物の全体が見えたとき「あぁ、できたんだなぁ!」と感慨深く思います。
    そして全ての工事が完了し、無事に物件を引き渡したとき、すべて終わったという大きな達成感を感じます。

    学生の皆様へ

    仕事風景の写真

    自分が何をしたいのか、何に興味があるかを突き詰めて考えてみてください。
    それが就職した後の目標やモチベーションになります。そして自分の興味、関心のある仕事ができる会社と巡り合えるよう、妥協せずに就活に取り組んでください。
    また、残りの学生生活も悔いの残らないよう毎日を有意義に過ごしてください。

    閉じる
  • 木下 貴史

    TAKASHI KINOSHITA

    土木本部 土木工事部(2009年入社)
    理工学部 土木工学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    幼少の頃、実家の近くの工事現場に毎日のように足を運び、そこで働く人達と仲良くなりました。その当時の印象が大きく、子供ながらに「将来は現場で働きたい!」と思うようになり、大学の進路を決める際に自然と土木の道を選びました。
    入社を決めたのは、学生の頃から通学で利用していた京王線に馴染みがあったこと、また、日本経済を大きく支える鉄道に密に関わる会社であるという理由からです。転勤がないというのも大きな理由の一つでしたね。

    印象に残っている事

    一番印象に残っている現場は、やはり一番苦労した高尾山口駅の現場です。人気の観光地である高尾山を有するこの駅を盛り上げようと、建築部門と土木部門が一丸となり、昼・夜問わず、駅および周辺施設の改修工事を行いました。
    私は当時、作業所内で一番年下だったため経験も浅く、初めは先輩方に付いて行くことに必死でした。しかし、終わってみれば、様々な経験ができたこと、近隣の方々から労いの言葉を頂けたことに大きな達成感や嬉しさを感じました。

    仕事のやりがい

    私は公共インフラを整備することにより、住民の方がより快適かつ安全な生活を送ることができ、少しでも多くの人に満足してもらいたいという思いを根本的なところで持っています。ですので、近隣住民の方々から直接、感謝や労いの言葉を頂いた時は本当に嬉しく思います。
    また、自分が施工に携わり完成した物が、この先何十年も形として残るということも土木工事の魅力であり、大きなやりがいの一つです。

    学生の皆様へ

    仕事風景の写真

    今しかできない経験をたくさん積んで下さい。遊びに部活、アルバイト等、いろんな経験をして様々な人と出会い、たくさんの仲間を作って下さい。社会人になって仕事がうまくいかず挫けそうになった時、助けてくれるのは学生の時の仲間だと私は思います。また、そうして自然と培った社交性やコミュニケーション能力は、就活はもちろん、社会人になってからでも必ず武器になります。
    悔いのない学生生活を送り、その中で自分の将来像を見つけて下さい!

    閉じる
  • 坂本 賢慈

    KENJI SAKAMOTO

    建築本部 建築工事第1部(2011年入社)
    理工学部 建築学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    私は京王線沿線の大学に通っていたこともあり、京王のサービスは就活前から利用をしていました。そんな私が京王建設を選んだ理由は大きく2つあります。1つは地域に密着していて全国転勤がないという点、もう1つは京王グループで安定しているという点です。
    また、同じ大学の先輩が入社をして働いていたので、知っている人がすでにいるという安心感があったことも京王建設に入社を決めた理由の1つです。

    思い出のエピソード

    初めて所長を務めた現場です。まず何から始めれば良いのか、何をすれば良いのか、全く分からないところから現場が始まりました。しかし、上司が全面的にフォローをしてくれて、日々苦労しながらも現場を動かしていくことが出来ました。竣工した時、フォローをしてくれた上司はもちろん、社員を第一に考え、成長させてもらえるしくみを作っている会社に改めて感謝し、この会社に入って本当に良かったと感じました。

    仕事のやりがい

    工事中は日々現場で様々な苦労があります。天候によってその日の作業が制限されることや、思わぬトラブルが発生することもあります。でも、様々な苦労をしながらも、少しずつ建物が完成していく姿を見るのは楽しくもあります。自分で指示したものが建物という形に反映していくのが日々感じられるからです。この日々の積み重ねが仕事のやりがいになっています。

    学生の皆様へ

    仕事風景の写真

    まず自分は今現在どんなことがしたいのか、そして将来どんな風になりたいのかを今一度考えてみてください。その上で会社選びをすることが大事だと思います。
    当社は社員を第一に考え大事にしてくれる会社です。これは私が今まで働いてきて自信を持って言えることです。個々の意見や仕事に対する意欲を尊重してくれます。また、京王グループなので安定していて、転勤もないので、とても安心して生活することができます。ぜひ一緒に働きましょう!

    閉じる
  • 服部 雄斗

    YUTO HATTORI

    土木本部 土木工事部(2013年入社)
    理工学部 都市環境デザイン学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    子供の頃から工事現場があると何をしているのか興味津々で、街に新しいものができるとワクワクしました。その気持ちがあり、自分も何十年と社会を支える現場に携わりたいと思い、土木系の進路を選びました。
    入社のきっかけは何気なく参加した会社説明会でした。話を聞く中で「京王線沿線での勤務地が多い」、「若いうちから活躍できる環境がある」といった点が自分に合っていると思い、入社を決めました。

    思い出のエピソード

    鉄道関連施設の保守は当社の事業の柱の一つですが、大雪が降った際に京王線のホームの雪かきをしたのは大変でした。大雪とはいえ、電車が動かないと多くのお客様にご迷惑をおかけすることになってしまいます。始発が動くまでの限られた時間の作業で大変でしたが、始発電車が無事通った時には、とても嬉しかったですし、自分たちの会社がインフラを支えているのだと改めて実感しました。

    仕事のやりがい

    自分の携わった現場を利用した際に、多くの人々の生活を支え、利便性を高めていると実感でき、やりがいを感じます。また、自分の考えたように現場が動いていたり、職人さんたちと信頼関係を築けていけたりするのが嬉しく感じます。職人さんから「一緒に仕事が出来て良かった」と言われた時は嬉しかったです。京王建設は京王線沿線での仕事が主ですので、一緒に仕事をした職人さんと違う現場でまた一緒に働くこともあり、仕事が進めやすいこともあります。大変なこともありますが、それを乗り越えていけた時には、大きな充実感や達成感があります。

    学生の皆様へ

    仕事風景の写真

    京王建設は上司や先輩ととても話がしやすい環境で、自分と違う現場で働いている人も気を掛けてくれたり、助けてくれたりします。また、京王線沿線を中心とした地域に根差した会社なので、転勤もなく、同期入社の仲間と集まりやすいのも当社の良いところです。
    私自身そうでしたが、就職活動では、悩むことや不安になることがあるかと思います。その際、大変ですが精一杯努力し、後悔の無い選択をしてください。ただ、環境が変わって考えが変わることもあります。思った通りにいかないことがあっても、その中でまた努力することで見えてくるものがあると思います。

    閉じる
  • 安藤 彩乃

    AYANO ANDO

    建築本部 設計部(2009年入社)
    工学部 建築学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    幼い頃から京王線沿線に住んでいたので、京王グループの存在が身近だったことがきっかけです。
    地元のために建築の意匠設計の仕事がしたいという希望があり、福利厚生も整っているということで当社を選びました。鉄道事業に関わる業務も行っていることや、説明会や選考に来社した際に感じた暖かい社風も魅力的でした。

    思い出のエピソード

    設計部で、密かに師匠と呼んでいた上司に出会えたことが、幸運だったと思っています。右も左も分からなかった自分を様々な業務に同行させて頂いたことや、業務のことはもちろん、人生の先輩としても色々とアドバイス頂いた時間は、とても貴重なものでした。
    現在は定年退職されているので、もう教わることはできないのですが、自分も師匠を見習い、後輩に伝えていきたいという気持ちで努めています。

    仕事のやりがい

    京王建設で手掛けるものは、京王線の駅や沿線の物件が多くあります。自分が携わった施設が竣工したりリニューアルしたりと、日々京王線沿線の利便性や住環境が良くなっていることを感じ取ることができ、その一員として働けているということを実感できるのが良いところです。
    何もない敷地に一からどのような建物にすればよいか検討をする基本計画を担当しているので、自分のアイディア次第でより良い提案ができるところにも、やりがいを感じています。

    学生の皆様へ

    就活は自分を見つめ直す良い機会だと思います。必ず縁がある就職先に出会えるので、自分のペースを崩さず、頑張ってください。
    私は、1 歳の子供を保育園に預けながら時短勤務をしているのですが、産前と変わらず、仕事を任せてもらえています。とても働きやすい職場だと感じていますので、ぜひ当社をご検討ください。
    また、残りの学生生活では学生でしかできないことや、やりたいことを思う存分やることができる今の貴重な時間を大切にしてください。

    閉じる
  • 飯尾 賢太

    KENTA IIO

    土木本部 線路施設部(2020年入社)
    体育学部 社会体育学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    私は体を動かすことが好きなので、現場に出て働ける会社を考えていました。数多くエントリーした会社の中で京王建設もその1つでした。
    入社の決め手は会社説明会です。実際に先輩社員の話を聞き、私の理想の「こう働きたい」という志望と一致したからです。また会社説明だけでなく当時就職活動で悩んでた自分にアドバイスを頂き、職場の雰囲気が良く安心して働けると思いました。
    また京王建設は京王線沿線で事業を展開しているため転勤がないことも大きな魅力だと考えたからです。

    思い出のエピソード

    研修期間を経た後、現場に配属され学んだことは事前準備の大切さです。線路保守業務は専門的な分野で覚えることが多くあります。学生時代に学んだ土木関係の知識を活かせるところもありますが、実際の保線業務における知識とは異なる点が多々あります。
    そこで初めて行う作業がある場合には、必ず保線作業マニュアルを確認し、ノートやメモ帳にまとめるようにしました。
    事前準備をしっかり行うことで現場での作業に余裕を持って取り掛かることができるようになりました。作業が上手くいったときには「事前準備をしっかりしてきて良かった!」という気持ちになります。

    仕事のやりがい

    私たちの作業はそのまま線路の出来に反映するため、作業によってきちんと整備された線路を見るとやりがいを感じます。
    線路の保守業務は地道な作業の繰り返しです。列車運行中の線路上での作業や重量物を扱う仕事も多く、作業終了後には汗まみれになることもあります。それでも上司や先輩とチームを組み、一丸となって取り組み、線路を最善の状態に出来たときに「やりきった」という達成感が湧いてきます。これこそが保線業務の魅力だと感じています。
    覚えることも多く大変な面もありますが、列車の安全運行はもちろん、乗り心地にも影響する仕事だけに、常に緊張感を持ちつつ、やりがいを感じながら仕事をしています。

    学生の皆様へ

    仕事風景の写真

    就職活動は自分自身と向き合う貴重な機会だと思います。自身の強みや弱みを知ることで自信ややる気に繋がります。ですので、たくさん迷い、考えてみてください!
    また、社会人になると学生の頃とは違い、自由に使える時間が限られます。ぜひ自由に使える時間がある学生生活の”今”を思う存分満喫してください!

    閉じる
  • 落合 可那子

    KANAKO OCHIAI

    営業本部 営業第3部(2011年入社)
    商学部 会計学科卒

    Close

    入社を決めた理由

    仕事風景の写真

    文系卒ではありますが建設業に興味があり、建設という大きなプロジェクトに携わり貢献出来る仕事に就きたいという思いで就職活動を行っていました。
    そんな中で当社に決めた理由は会社説明会や採用選考時に感じた温かい社風、充実した教育制度や福利厚生、そして私鉄系ゼネコンということで軌道・駅工事など他社ではなかなか携わることの出来ない鉄道事業にも携わることが出来るという点に魅力を感じたからです。

    思い出のエピソード

    営業本部に異動して直ぐに大型新築工事に営業担当として携わらせて頂きました。
    営業担当として信頼される様になるには地道で大変でしたが、めげずに現場に通い、所長や設計部とコミュニケーションを図り、専門的な事で分からない点は教えて頂きながらも、現場とお施主様の間に入り『お施主様に喜んで頂ける様』『現場がやりやすい様』心掛けてプロジェクトの一員として努力しました。少しすると想いが実り、現場からもお施主様からも頼って頂ける様になったと感じ、とても嬉しかったです。また、竣工引き渡しの際にお施主様と所長から「落合さんとまた仕事がしたい」と言って頂けたことが今でも私の原動力となっています。

    仕事のやりがい

    現在の営業部に異動する前は土木本部の計画管理部に4年間所属し、現場をサポートする事務を担当していました。
    事務・営業どちらの業務でも他部署との連携が必要で他社との係りも多くあります。相手の事を考えたやり方で業務を行った事で、他部署の方やお客様、他社の方に喜んで頂けた時や担当として頼って頂けた時に仕事のやりがいを感じます。

    学生の皆様へ

    就職活動では悩むことも多いかと思います。意外と大変なのが自己分析だったりしませんか?1人で悩まずに家族や友人など多くの人に会って聞いてみると息抜きにもなって良いと思います。また、就職活動時は様々な企業を自由に訪問出来るチャンスでもあります。様々な企業を訪問することで視野が広がり、自分が今まで知らなかったことや気づいていなかったことなどの新しい発見があるかもしれません。その中から自分自身の将来像が見えてくることもあると思います。就職活動は大変だと思いますが、今しかできない貴重な経験なので楽しんでください!そして是非当社の説明会にもご参加ください。

    閉じる