地震による建物被害の可能性を技術基準に沿って検討し、お客様の建物の地震に対する安全性を確認します。

地震による建物の被害は、1981年(昭和56年)以前に建てられた、いわゆる旧耐震基準で設計された建物が多いと予想されています。

この様な建物は、耐震診断により地震時の性能を把握し、必要に応じて耐震補強を施すことをお勧します。京王建設では、診断から補強の施工まで、トータルにお客様をサポートします。

耐震診断の流れ

地震による建物被害の可能性を技術基準に沿って検討し、お客様の建物の地震に対する安全性を確認します。診断の結果、お客様の建物の安全性が十分に確保されていないと判断された場合は、引き続き耐震補強計画の検討も実施できます。

調査イメージ 耐震補強工事の種類と特長

ここがポイント!

建物に応じた精密な調査を実施することで、お客様の建物の状態を正確に把握し、必要に応じて最適な耐震補強プランを提案いたします。お気軽にご相談ください。

京王建設へのお問い合わせ