耐震補強には大きく分けて3種類の方法があり、安全性の確保はもちろんのこと、使用性、経済性を考慮して、適切な補強方法を選定します。

地震力の低減、強度増強、部材の粘りの確保

耐震補強工事の種類

地震入力を低減する耐震補強工法

補強工法 免震構造化 制震機構の組込み
類似工法
補強工法の概要 免震構造化 制震機構の組み込み
基礎梁下部に免震装置を組み込む 架構内に制震装置を組み込む
適した建物 比較的重い建物 比較的揺れやすい建物
当社施工実績 なし あり

建物強度を増強する耐震補強工法

補強工法 RC壁増設型 鉄骨ブレース増設型 架構増設型
類似工法 増打壁 鉄板壁
補強工法の概要 RC壁増設型 鉄骨ブレース増設型 架構増設型
オープンフレーム内に壁を増設 オープンフレーム内に鉄骨ブレース等を組み込む 建物外に剛強な架構を構築する
適した建物 雑壁が多い建物 広範囲な建物に適用 敷地に余裕がある建物
当社施工実績 あり あり あり

既存柱のねばりを増強する耐震補強工法

補強工法 RC巻き補強型 鋼板巻き補強型 炭素繊維巻き補強型 柱拘束壁撤去型
類似工法
補強工法の概要 RC巻き補強型 鋼板巻き補強型 炭素繊維巻き補強型 柱拘束壁撤去型
鉄筋等で補強し、コンクリートを打設 柱を鋼板で巻き、モルタルを注入する 柱を炭素繊維シートで補強 柱を拘束する腰壁・垂壁にスリットを設置(非耐力壁)
適した建物 壁が少ない建物 壁が少ない建物 壁が少ない建物 壁が多い建物
当社施工実績 あり あり あり あり

ここがポイント!

耐震補強には大きく分けて3種類の方法があり、安全性、使用性、経済性を考慮して耐震補強方法を選定します。お気軽にご相談ください。

京王建設へのお問い合わせ