建物の地震対策には「耐震・免震・制震」があります。ご要望に合わせて最適な構造・工法をご提案します。

建物の地震対策としての構造方法は、『耐震』、『免震』、『制震』の3つが有ります。京王建設では、お客様のご要望に合わせて、適切な構造方法のご提案を致します。

耐震構造について

壁や柱など、建物の構造自体を強化し、建物そのもので地震に耐える構造です。

中規模(震度5弱程度)の地震に対しては大きな損傷はしないこと、関東大震災クラスの大地震に対しては居住者の生命を守る(倒壊しない)ことを目的にて設計しています。なお、耐震強度に対する安全率を変えて、耐震性能を高める設計も行えます(例:通常1.0→公共性の高い病院1.5など)。家具等については転倒防止対策が必要となります。

耐震構造

免震構造について

地面と建物の間に地震動を吸収する装置(免震装置)を設置し、建物に地震による揺れが直接伝わらないようにする構造です。

耐震にくらべ、地震時に建物に加わる力を20~30%に減らすことができ、大地震時でも大きな損傷を受けず、建物内の家具などの転倒も防ぎ、財産を守ることが出来ます。

免震構造

制震構造について

壁や柱、屋上などに地震のエネルギーを吸収する装置(制震装置)を取り付け建物の揺れを抑える構造です。

耐震構造に比べ、揺れの強さを60%~80%に低減することが出来ます。また、制震構造は、地震に対する安全性や家具転倒防止の効果だけでなく、風による揺れに対しても効果を発揮し、建物の居住性も確保することが出来ます。

制震構造

ここがポイント!

建物の地震対策には「耐震・免震・制震」があります。ご要望に合わせて最適な構造・工法をご提案します。お気軽にご相談ください。

京王建設へのお問い合わせ